Home
英語教育について
Studio教室紹介
アクセス
クラス・時間割・料金
生徒・保護者の声
講師紹介
教室Now
教室ブログ

携帯サイトへは↓








Studio教室紹介



新年度最初のレッスンは、イースターエッグハントを楽しみます。


イースター(Easter)は、キリストが復活したことを記念する大切な日であると同時に、春の訪れと新しい命に感謝するお祝いの日でもあります。イースターのシンボルは、新しい命を表す「たまご」、そのたまごを配ると言われる「イースターバニー(うさぎ)」、春のイースターの時期に咲く「白いゆりの花」です。


アメリカ在住の時、通っていた教会は、イースターの時期には白いユリの花が会堂いっぱいに飾られ、子ども達は家から各自バスケットを持ってきて、広い庭に隠されたたまごを探す「イースターエッグハント」を楽しんだものです。


 


 


   




毎学期Open Class Day(参観日)を設定しています。。


3月のOpen Class Dayでは、日頃の学びを、お家の方々に見ていただき、たくさんの拍手と素敵なコメントをいただきます。Open Class Dayの目的は、子ども達は「堂々と発表することを経験する」、お家の方々は「子どもの学習の成長を見て、ほめて励ます」ことです。


 







12月にクリスマス発表会を開催しています。


かわいい幼児クラスから、歌・絵本がメインの小学校低学年クラス、自己紹介やスキットを楽しみ、ゲストにインタビューができる小学校中・高学年クラス、そして自分ならではのスピーチやゲストとの会話を楽しめる中学生・高校生の発表が続きます。9年間カリキュラムによる、子どもたちの英語学習の成長が見られる機会になっています。




 


クリスマス発表会のスライドショーです。

   


     



 

幼児クラスのクリスマス会です。


               



10月には、Halloween Eventを行います。

 Halloweenは、もともとアイルランドのお祭りで、収穫を祝い先祖を敬うお祭りだったそうですが、今では怖い仮装をして、
"Trick-or-Treat!"(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)!といいながら、近所のまわってお菓子をもらう、子ども達が楽しめるイベントになっています。

私の知り合いのドイツ人Erikも参加してくれて、彼は”They are so adorable!"(かわいい〜〜!)を連発してました。
お父さんやお母さん方にもお手伝いいただいて、SADANO English Studioの中学生2年生もたくさん手伝ってくれましたよ。




 


 各クラスでHalloween Partyをするときには、絵本やカード遊び、ポップコーン遊びなどを思いっきり楽しみます!
   


   


     
 
         




2012年より5年生以上の希望者は、アメリカンキャンプに参加しています。

 

 

 2泊3日のキャンプでは、自己紹介スピーチを練習したりスキットを作って楽しみました。外では水を使った遊びに大はしゃぎ。夜はキャンプファイアーで大いに盛り上がり、人と人が楽しく気持ちよくコミュニケーションをとるためのベースを、英語を通して実践させてくれた、AC達に心から感謝です!





2011年まで5年生以上希望者は、AFS青少年国際交流キャンプに参加しています。

 


 

グループに分かれて自己紹介しあったり、留学生の国について質問をしながら、日頃の学びの実践です。

AFSについては・・・





2012年より4年生以下の生徒さんに、American Festa1日体験をご案内しています。

American Festaでは、ベテランのACが子ども達とたっぷり半日関わり、ゲームを中心に英語環境を体験できるイベントです。英語を話す以前に、英語の雰囲気に慣れ親しむことを目的としたイベントで、小さいお子様から楽しく参加しています。